清浄心院・略縁起

当院の創建にまつわる起源についてご紹介いたします。

高野山真言宗別格本山。当院は天長年間(八二四〜三四)に高祖弘法大師により草創され、初め喜多坊と称されますが、 後に勅命により現院号である清浄心院に改めたと伝えられています。なお所在地一帯は、当院の名にちなみ清浄心院谷と呼ばれています。

一時衰えておりましたが平宗盛により再建され、寿永・元暦(一一八二〜八五)の頃には、滝口入道(斎藤時頼)が来住しました。 徳川時代には院領高三五石、上杉謙信、佐竹義宣などの諸大名が檀家となりました。その縁は深く、上杉謙信の祈願所、佐竹家の菩提所としての 役割を果たしていました。また、奥之院にある上杉謙信霊屋一棟(国指定重要文化財)は当院の管理によるものです。※右写真左下が上杉謙信霊屋一棟(国指定重要文化財)。

当院は、その名の如く清浄を極め、簡素にして優雅、高野山の伝統的な大釜のある台所など、 総本山金剛峰寺の参考となったと言われる建築様式を今に残しています。

御本尊廿日大師像は、承和二年(八三五)三月二十日、入定を明日に控えた高祖弘法大師により彫刻され、 像の背後に「微雲管」の三字が書かれていると伝わっています。 現在は秘仏として、毎年本尊の縁日(現在の四月二十日)のみ御開帳となります。この法要に合わせて全国から参詣者が群集します。

境内には、運慶作の阿弥陀如来立像、中将姫筆の九品曼荼羅、当麻建立之図(以上、重要文化財)などがあり、門内の名木傘桜も見所のひとつです。 この傘桜には、太閤豊臣秀吉が花見を催したという逸話も残されています。

千古の伝統と自然の香漂う聖地で

『み仏の心』に触れる

住職・池口恵観

当院住職の池口恵観についてご紹介いたします。

恵観法主は、室町時代から五百年以上続く真言密教修験の第十八代目の相承者・薩摩の国の傳燈法師であられ、相承秘伝の護摩を日々厳修、一切衆生の祈願に応えられています。

また、真言密教最高秘法「焼八千枚護摩供」を百一回以上も修行、その絶大な法力は、広く内外に知られています。

昭和六十三年十二月には、真言密教最高厳儀「学修潅頂」に入壇受法され、傳燈大阿闍梨位にご昇供されました。翌、平成元年には、百日間にわたり、密教史上誰もなしえなかった秘法「百万枚護摩行」を御修行。一日に乳木一万本と添え護摩木三千枚を焚焼するという壮絶極まりない決死の行を無魔成満されました。

今や、恵観法主は不世出の大行者として、各方面で称賛されているのです。

平成二十六年には、高野山 別格本山 清浄心院の住職に就任されています。

●生年・学位・学歴

生年:
1936年11月15日生(昭和11年)
学位名:
医学博士 乙第878号(山口大学)
取得年月日:平成11年10月13日
学歴:
昭和24年 3月
町立柏原小学校卒業
昭和27年 3月
町立東串良中学校卒業
昭和30年 3月
県立志布志高等学校卒業
昭和34年 3月
高野山大学文学部密教学科卒業
略歴:
昭和42年 7月
宗教法人波切り不動最福寺 建立落成
昭和48年 4月
烏帽子山 最福寺 法主
昭和60年 3月
鹿児島観光七福神開創・最福寺一千貫大梵鐘落慶
昭和61年 6月
鹿児島 高野山 最福寺 落慶法要
昭和63年 11月
学修灌頂入壇受法成満・高野山真言宗傳燈大阿闍梨昇供
平成元年 5月
仏教史上初の百万枚護摩行成満
平成5年 5月
最福寺別院江の島大師入佛入山法要
平成7年 3月
バチカン市国においてローマ教皇ヨハネ・パウロ2世に特別謁見し世界平和について会談
平成18年 12月
高野山真言宗大僧正昇補
平成19年 9月
焼八千枚護摩供を厳修
(日中友好35周年にあたる)28日に、密教第六祖不空三蔵ゆかりの寺、大興善寺に新築された金剛堂護摩堂において、1200年ぶりに横浜市大光寺住職須藤哲乗僧正の助法にて焼八千枚護摩供を厳修
平成24年 11月
高野山米国別院百周年記念法要にて不動息災護摩供導師
平成26年 5月
八千枚護摩行101座目を達成
平成26年 6月
高野山別格本山 清浄心院 住職

さわやかな陽の光射す一室で

心に安住のひと時を

宿坊

宿坊としての当院についてご紹介いたします。

当院では、歓待に壇信徒、旅行者の別なし、夕刻に召し上がる御膳は御斎と呼ばれる高野山の伝統的な仏家の精進料理と同じものをお召し上がりいただけます。定番のごま豆腐はもちろん、山の幸を精進料理ならではの調理法を味わいください。各種設備を整え、みなさまのお越しをお待ちしております。

朝のお勤めにも自由にご参加いただくことができます。早朝の清々しい空気を吸い込み、宿坊ならではの体験を味わっていただければと思います。ご希望が合えば当院役僧の法話や清浄心院の縁起なども聞いていただくこともできます。

※宿坊のご利用をご希望の方は、お電話(0736-56-2006)もしくは、フォームから空室状況についてお問い合わせください。
→お問い合わせ


◎お食事は全て精進料理になります。

◎各お部屋に、タオル・バスタオル・歯ブラシ・浴衣・丹前(冬季期間中)をご用意しております。

◎ご宿泊予約はお早めにお願い致します。ご宿泊間近のご予約になりますと、お部屋のご希望等、添えない場合があります。

◎昼の膳も承っておりますので、ご予約時もしくはお立ち寄りをご検討の際は、ご連絡くださいませ。

◎役僧の法話等に関しましては、混み具合により承ることが出来ない場合がございます。ご了承くださいませ。

凛とした空気の中で、

『み仏の心』に触れる

当院へのアクセス方法についてご紹介いたします。

当院へのお問い合わせは、お電話またはフォームにて承ります。

高野山 別格本山 清浄心院

〒648-0211

和歌山県伊都郡高野町高野山566番地

0736-56-2006(代)

営業時間:9:00-17:00
年中無休

お問い合わせフォームはこちら



澄みきった空気の中で過ごす

静謐なひと時